株式会社アピックス

ホーム文書情報マネジメント事業 > 機密文書の廃棄

電子化・管理の課題

「不必要になった機密文書は、どう処理すればいいのだろうか・・・」
「機密文書の処理は、本当に安全なのだろうか?」

解決方法

アピックスでは、
RDV(Recycle Domain Value)システムを導入。
環境に配慮した機密文書廃棄&リサイクルサービスでサポートいたします。

RDVシステムは、国際規格に沿った機密情報抹消サービスです。
お客様の重要な機密文書をお預かりして情報電子化・加工を行っている当社では、ISMS(ISO 27001)情報セキュリティマネジメントシステムを遵守。電子化後の不要となったドキュメントについては、安全でスピーディに裁断・溶解・抹消し再生資源としてリサイクルしています。
その後のドキュメント運用に際しても、日々発生する紙文書については、分散スキャナ等で電子化し一定の保存期間を経たのちRDVシステムで廃棄いたします。

  • ● 出張サービス :プロが専用のシュレッダーカーでお伺いし、お客様の目の前で機密文書の裁断・抹消を行います。
  • ● 引取りサービス:お客様のオフィスにセキュリティBOXを設置し回収に伺います。回収後はセンターで裁断・溶解・抹消し再生資源としてリサイクル。
  • オフィスに設置したセキュリティBOXに機密文書を回収
  • 定期的にオフィスへ、セキュリティBOXを回収
  • 裁断・溶解・抹消処理
  • 密を保ったままで100%リサイクル

以上の方式でお客様の機密文書の機密を守り、再生資源としても貢献できる事から、多くのお客様にご採用いただいています。