株式会社アピックス

ホーム文書情報マネジメント事業 > スペースの有効活用

電子化・管理の課題

「オフィスを圧迫しているキャビネットを撤去できれば、スペースをもっと上手く活用できるのに・・・」

解決方法

アピックスでは、
膨大な紙文書を電子化することで、お客様の保管スペースの有効活用を実現いたします。

社内に書類が溢れていて、それを収納するキャビネットがオフィスを圧迫していることがよくあります。これら書類を保管するスペースをオフィスの賃料に換算すると結構な額になるものです。このムダなコストを削減して、さらにスペースの有効活用を考えてみませんか。

紙文書の電子化を検討した時、キャビネットの中の書類整理・選別に相当な人手や時間がかかるために踏み切れない、社内では出来ないとお悩みではありませんか。
全てをアピックスにお任せください。まず書庫の調査から取り掛かり、文書の整理・分類からリストとの照合など前作業のすべてからお引き受けいたします。また電子化の後もファイル名入力やインデックス入力作業も代行。電子化に関わるサービスをトータルにサポートいたします。 思われている以上に簡単に、電子化はフルサポートで実現します。これまで社内に何十本も並んでいた書類用キャビネットはほとんど撤去され、省スペースが可能になります。これによりオフィス全体を有効活用できるだけではなく、賃貸の部屋数やフロア数を減らすこともでき、大きなコストの削減も夢ではありません。
また、普段の業務は電子化されたデータを利用して迅速に効率的に進め、大切な原本は安心できる倉庫に管理することでセキュリティも万全。電子化による省スペースはコスト面だけではなく、セキュリティの強化も図れます。