株式会社アピックス

ホーム会社情報 > 沿革

沿革

日光焼時代(1920~1927)

創業の頃。日光焼という手法で模造紙に感光紙を塗布し、感光紙を製造。

1920年(大正9年) 河村徳松、河村青写真調整所を創立(大阪市福島区今開町)
1927年(昭和2年) 丸星(後のコピア)より連続青写真焼付機購入設置

戦前・戦中・青焼時代(1928~1952)

大阪府・大阪市・大阪ガス・電力会社やゼネコン・建築事務所をユーザー様に。
アーク灯→直流水銀灯→交流水銀灯、図面焼付機改良の時を経て、戦後の焦土の中、払い下げの焼付機を修理・改良を重ねて、青写真業を再開。

1930年(昭和3年) 大阪工業写真株式会社を設立、資本金20万円、大阪市東区横堀5丁目に進出
1946年(昭和21年) 大阪新興商会として、青写真業再開(大阪市福島区今開町)
1950年(昭和25年) 株式会社大阪新興商会に組織変更、資本金75万円、本社を福島区江成町に移す

ジアゾ加工・マイクロ写真加工専業化の時代(1953~1958)

市場でジアゾ複写が爆発的に普及。同時にマイクロ写真撮影・引伸ばし業務を開始。
情報加工業専業のさきがけとなる。

1955年(昭和30年) マイクロカメラを東京マイクロ写真株式会社より購入、マイクロ写真撮影・引伸業務開始
1958年(昭和33年) 感光紙量産大型塗付機の登場により、感光紙の製造を中止する

PPC化へ、オフセット印刷機導入、総合情報加工業へ発展の時代(1959~1984)

日本初の小型電子複写機X-914・大型複写機X-1860が発売され、高度経済成長の時代の波と共に、総合情報加工業として大躍進。

1960年(昭和35年) 社名を株式会社日本複写センターに改称資本金600万円に増資
複写・印刷・マイクロ加工による総合情報加工業へ
1965年(昭和39年) 西淀川区大和田に本社を新築・移転
名神高速道路(西宮~小牧)開通に伴い、全道路図面の縮小版等作成
1972年(昭和45年) 本社を現在の大阪市中央区博労町1-2-2に移転する
資本金1000万円に増資

カラー化とデジタル化の時代 (1985~1996)

カラーコピーが本格量産の時代となる。またPCの普及に伴い、版下作成のDTP化、光ディスクによるファイリング等、デジタル化機器を駆使した業務へ移行。

1988年(昭和63年) 資本金1250万に増資、本社を増築し、建坪300坪となる
1989年(平成元年) 社名を現在の株式会社アピックスに改称
1996年(平成8年) デジタル化を先取り、オフセット印刷からオンディマンド印刷へ生産体制をシフト
資本金2000万に増資

IT技術とインターネットの急速な普及に対応した、
業務効率化・コストダウンの時代(1997~2008)

IT技術とインターネットは普及を極めるものの、バブル崩壊と低経済成長の世の中で、効率化経営へと経営のパラダイムシフトを迫られる。

1999年(平成11年) 経営のコアを、オンデマンド印刷・総合文書情報マネジメント・BPOに特化
2003年(平成15年) 環境認証としての、ISO14001認証取得
2006年(平成18年) 個人情報保護の観点から、JISQ15001プライバシーマーク取得
2007年(平成19年) 東京市場での営業・制作の体制強化のため、東京オフィスを現在の中央区新富町1-16-8に拡張移転
2008年(平成20年) one to one技術の応用事例として、パーソナライズドワイン・吟醸酒のオンラインギフト「sense121」を開始

企業競争力の強化を支援するプロフェッショナルとして、ITを活用した
業務の抜本的効率化と新価値創造の時代 (2009~現在)

お客様の販売促進・業務改善を、ITプラットフォームの活用により推進。
社内においては、営業・生産体制ともに明日への変革の時。

2011年(平成23年) 東京オフィスを、東京支店に昇格
2012年(平成24年) ITを活用した業務の抜本的効率化と新価値創造のため、「事業企画室」を部門として発足
Web to Print・プラットフォーム構築に注力
2013年(平成25年) オンラインギフト「sense121」のサービスが、XEROX CORPORATION 主催の世界的コンテストの「Xerox Best-of-the-Best Awards Contest」において、「デジタルパッケージ部門賞」と「プリンターズチョイス賞」の2つの賞を獲得
2014年(平成26年) 100年企業の実現に向け、企業理念の刷新と事業ビジョンを再構築
ISMS(ISO 27001)情報セキュリティマネジメントシステムの認証取得
2018年(平成30年) 業務拡充に伴い、東京支店を中央区東日本橋3-4-14へ移転

BPOサービスは一日にしてならず

2020年(令和2年) 2020年(令和2年)2月8日 創業100周年を迎える

現在に至る